NEWS

2016.06.20

GALLERY SPEAK FOR

マーカス・クリンコ 「David Bowie Unseen」展を開催。

markus_pr_let.jpg

 

マーカス・クリンコ 「David Bowie Unseen」展を開催。
会期:2016年7月8日[金]- 20日[水]
開館時間:11:00 ~19:00 最終日のみ ~ 18:00 木曜休廊
 
セレブリティたちの洗練されたビジュアルイメージを手がけてきた、マーカス・クリンコ氏。
なかでも、デヴィッド・ボウイとイマン夫妻との親交は特別でした。
本展は、2016年1月のボウイの死を受けて発起され、
世界中を巡回している同名展を東京でも開催するものです。
ボウイ25枚めのアルバム「Heathen」(2002年)リリース前後に撮られた
ポートレートを中心に構成。富士フイルムの細密なクリスタルプリントによる作品
約20点を展示し、会期中限定にて販売いたします。
 
マーカス・クリンコ(Markus Klinko)フォトグラファー / ディレクター
スイス生まれ。クラシックハープ奏者として活動した後、
1996年、ファッション・フォトグラファーへ転向した。
2002年にデヴィッド・ボウイのアルバム「Heathen」のジャケット撮影を手がける。
その他、ビヨンセ、レディー・ガガ、ブリトニー・スピアーズなど数多くのセレブリティたちを撮影。
ナショナル・ポートレート・ギャラリー(米・ワシントンDC)や、オペラギャラリー(モナコ)などにプリント収蔵。
https://markusklinko.format.com
 
 

INFORMATION