DESIGNWORKS MEN OFFICIAL BLOG

2014.06.16

BEST HITS DWM vol.2

~ウォーターレッティング・リネンジャケット~

 

皆様こんにちは。

デザインワークスディレクターの川城です。

 

前回のブログアップから何と3ヶ月も経ってしまい、

ソチオリンピック終了ネタから世の中はワールドカップ一色で、

自分の怠慢さに呆れ返っています。

 

自己反省の弁からの唐突の入りですが、某日、7月売りの某雑誌で某企画の撮影がありました。

50歳以上限定のオヤジコレクションだそうです。

(企画タイトルがあるのですが、恥ずかしくて書けません)

 

まあ、私も御歳51歳(自分で敬称を使う)なので参加資格はあるのですが、

他のメンバーを聞いて、「若憎は脇役だな…」と内心で呟きながらも、

朝からの雨が撮影時間に合わせたように上がって、雲の切れ間からの日差しが妙に神々しく、 

空気も澄んだ感じで気分良く撮影が進行していきました。

 

この日の装いは雑誌社からの縛りも無く、ある程度自由でしたが、

最近の気分は「普通」で、肩肘張らない様にとジーンズでのコーディネイトをと考え、

ジャケットもカーディガンみたいに羽織る軽いものかな?

なんて、頭に描いていたのですが、手にとって家を出たのが、リネンのダブルブレスト。

それも金釦。

 

DW1231.jpgのサムネール画像

 

改めて写真を見ても「肩肘はらない」とはとても言えないな。

と、自己反省しながらこのブログを書き始め、ハタと気が付きました。

それは何か?と、この続きに入る前に薀蓄を少々。

 

サブタイトルにある「ウォーターレッティング・リネンジャケット」とは、

このベージュのブレザーの事なのですが、素材が秀逸なのです。

 

リネンのジャケットはこの時期には無くてはならないものですが、

一度の着用でシワが気になり、プレスをしっかりあてないとヨレ感が半端ないのが欠点ですね。

ところがこの素材はリネン100%でありながら、シワは入るのですが、

風呂上りの浴室に吊るしておくだけで、翌日には少し味が出る感じのシワしか残りません。

その秘訣はリネン繊維を取り出す方法にあるのですが、

それが「ウォーターレッティング」と呼ばれている方法です。

 

レッティングとは、植物の茎などから繊維を取り出す手法で、紙の原料も同過程を経るのですが、

ウォーターレッティングの名の通り、川や池の水に長期間浸して、繊維以外の物質を腐らせて取り除く方法ですが、

水質汚染の問題で現在は殆ど行なわれていません。

 

メリットとしては、水のみを使うことにより繊維の弾力を生む組織がそのまま残り、

これが麻素材にして復元力がキープできる要因となっているのです。

この素材を扱ったのは3年前で、麻を扱う紡績工場が奇跡的に仕入れる事ができ、

それを絶妙なタイミングでデザインワークスが製品化したジャケットでした。

 

ではでは、何をハタ!と気が付いたかと言うと、

何てことはないのですが、水(雨)が余分なものを洗い流すと…

すみません、長々とここまで読んで頂いた方には申し訳ありませんが、

これだけのことでした。

 

それでは

See you next time!

2014.06.02

DESIGNWORKS - 14AW

東京は気温が30℃近くなる日々が増えてきました。

これから暑くなる!そんな時ですが、DESIGNWORKSは秋冬の展示会を終えました。

 

具体的にどんな渾身のアイテムを展開するか・・・は、これから順次更新していくのですが、

皆さんはどんなアイテムを今季は買いますか?

 

例えば・・・ですが、

見た目は所謂スーツ、でも着心地がジャージ

美脚ジーンズ

大人のスタジャン

流行のリブパンツ・・・もっと大人っぽく

スーパー快適な暖かテーラードジャケット

至極のチェスターコート

痒いところに手が届いた鞄

 

少なくとも私はどれも欲しいです。

 

今季も注目のアイテムが満載であることは確かです。

暑い夏を乗り越える手前で、秋冬もカッコ良くあるべく、拘りの一着を手に入れましょう。

DESIGNWORKS MEN

LINK

  • Shop Search
  • Brand Page
  • Online Shop

INFORMATION